逢えなくなった息子に・・・

もう二度と姿も暖かさもあなたならではの優しさも・・・感じ、見ることができなくなった息子!

今、アナタに届くのなら言いたい。

これまでになく、「ホントの親不孝をしたと!

親より先に逝くのは、最高の親不孝だ!」

アナタは、思春期から色々と問題を起こすようになり、親としては相手の方々に謝罪する日々でした。

それでも、私は必ず息子は成長し、このことが笑い話になる日が来ると心底思い信じていました。

それが、儚い夢となりました・・・・・・

アナタが生まれた日、鮮明に覚えています。

産声をあげた瞬間。

紅葉のような小さい手で私にしがみついた瞬間。

私が見えなくなると不安がり泣いている姿。

私が抱くと泣き止み、安心したような笑顔。

小学校入学時の、不安を感じながらの緊張した顔・・・

思い出せばキリがない。

思春期以降は、大変な思い出がいっぱいだけど・・・・・

それでも、アナタがいて頭下げてるほうが、今よりマシ!

私が死ぬまで頭を下げ続けて、アナタを感じ続けらるのであればそれを願う。

でも、今となっては・・・・・、

世間にとっては、どうだったかわからないが・・・

これだけは、はっきり言える!

私にとっては、アナタはかけがえのない息子であり優しい息子だった。

アナタには、いろんなことで不自由な思いをさせたと思う。

もし、叶うなら、お願い!

また、私の元に生まれてきてね。

ゆっくり安らかに眠って下さい。

また、逢う日まで・・・さよなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

HIBIKI 安らかに…