たったの4分間のトレーニングで効果が出るタバタ・プロトコル!

タバタプロトコル(タバタ式トレーニング)とは?

立命館大学の田畑泉教授が1996年にアメリカのスポーツ医学会誌で発表したもので、海外では広く知られていて、トレーニングジムでも取り入れられているものです。このトレーニングの優れているところは、⒈短時間でできる。⒉有酸素運動の全身持久力を高める効果と、無酸素運動の能力を高める効果の2つをあわせもっているところです。

 

やり方(方法)

非常に簡単!

「全力運動20秒➕10秒の休憩」を1セットとして、8セット繰り返す。1日に1回でOK‼️

「全力運動20秒➕10秒の休憩」❌ 8 = 240秒 = 4分

たった、4分で有酸素運動の効果と無酸素運動の効果が得られるのです‼️

 

全力運動⁉︎

全力運動といっても、この運動をしなければいけないという決まりはありません。なわとび、腕立て伏せ、腹筋運動、イスから立ち上がる運動など自分にできる運動でOK‼️

8セット同じ運動を繰り返しても、1セットごとに運動を変えてもOK‼️

 

守るポイント

  • 「全力運動20秒➕10秒の休憩」という時間は正確に守るということ。
  • 「全力運動20秒➕10秒の休憩」❌ 8セットの運動で『ヘトヘトになった』と感じるかどうかです。そうでないと効果は得られません。

 

最後に・・・

実際にやってみると思った以上にハードです。血圧の高い方や運動習慣のない方は、はじめのうちは、運動強度を少し落としてすることをお勧めします。

 

ー引用ならびに参考文献ー

「体力の正体は筋肉」著:樋口 満

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です